実践志向

気付きから実践が始まる詩的な日常、あるいはその生き様

身体を使って書く~@京都に参加してきました

9月1日。京都で開催されたこちらのワークショップに参加してきました。

onomiyuki.com

わたしは三回目の参加になります。
この講座がどんなものか気になる方は、以下の記事をお読みくだされ。

blog.fugu029.jp blog.fugu029.jp

ざっくりお伝えしますと…身体の感覚を研ぎ澄ますことから始まり、絵を見て書く、音を聞いて書く…等々。五感をフル活用した創作の講座なのです。

ということで今回は、この創作に対する熱気が冷めぬ内に、講座の中で生まれた作品たちを共有したいと思います。

絵のお題から生まれた作品

不思議な絵が描かれたカードを見て、即興で書くワークから生まれた作品です。

お題となった絵も一緒に載せなければ意味わからん感じかもしれませんが、雰囲気だけでも感じ取っていただけたら幸いなり。

blog.fugu029.jp blog.fugu029.jp blog.fugu029.jp

「子供」というキーワードから生まれた作品

「子供」というキーワードで連想した言葉から、自分自身の内側とにらめっこしつつ紡いだ作品です。こちらは最後に受講者の前で発表した作品になります。

blog.fugu029.jp

さいごに

開催の二日前ぐらいに急にピンときて申込んだはいいものの、いざ京都に向かおうとした瞬間に恐ろしいほどの雷雨に見舞われ…いろいろと想定外な事件もあり…記憶に残る講座となりました。

それでも大満足です。

こんなにも自分自身の作品に対して、前向きに関われる場というのはそうそう無いと思うからです。

このような場を作ってくださった関係者の皆様に感謝いたします。

ありがとうございました。

f:id:fugu029:20180902202437j:plain:w400

東寺の講堂前にて。
天気が晴れてよかったわ。

それではまた。