実践志向

言葉の感覚を大切に。「気付き」から「実践」が始まる詩的な日常。

白い宇宙の風

どうも。ふぐだいすけです。

実は記事の執筆中にブラウザが強制終了してしまい、さっきまで書いていた言葉が全て消え去ってしまいました。下書き保存していなかったことが悔やまれます。

きっと「消えてなくなった」ということは、伝える必要がなかったんでしょうね。

きょうはそんな事故も踏まえた上で、何かと大切な気付きの多い日になりました。


人生における『コンティニュー』は味わい深いだとか、カッコつけてみたり。

『執着』に囚われた自分を発見したり。

心配事を突き詰めて行くと - 全く無駄がない神々の遊び

たしかに言われてみれば、心配事も「執着」の一つ。考えても埒が明かなければ、諦めてしまったほうが進むのかもしれないですね。エゴにまみれた世の中からは、「ただの甘えだ」とか心無い言葉が飛んできそうだけど。

2017/11/21 12:43

仕事終わりの帰り道。一足早くクリスマス色に染まったキラキラと輝いている家があって、「電気代ものすごいことになってるんだろうな~」と下世話なことを考えてみたり。

なんというか…

きょう一日を振り返っただけで、こんなにも生きている実感が沸いてきたのは初めてかもしれないです。

いよいよ、真の意味で人生に向き合おうとしているのかもしれません。顕在的にはそうだと思っていなくても、潜在的にはもう進んでいる「何か」があるのです。


悩むぐらいなら
直感を信じて生きた方が楽だよ

そこまで
不安になる必要は無いんだよ

信じてごらん

悠々と呼吸する姿を
身構えずに歩く姿を

風はいつも
あなたと共にある

WIND