実践志向

言葉の感覚を大切に。「気付き」から「実践」が始まる詩的な日常。

レゾナンスリーディング入門

どうも。ふぐだいすけです。

きのう、品川で「レゾナンスリーディング」という読書法を学んできました。

resonance20171007it.peatix.com

気付き

1. 目的を意識した読書が大切

この読書法では、読み始める前に「なぜこの本を読むのか」「この本を読んでどうしたいのか」といった目的を明確にします。

馬鹿正直に1ページ目から順番に一語一句漏らさず読むだけだと、「読み終わった」という達成感が得られるだけです。

読もうとしている本から何を得たいのか。そこが一番大切だと気付きました。

2. 書くことが大切

本を読んでいて気付いたことは『書く』というプロセスが、大切だと気付きました。

本を読んだら、読んだ感想なり何なりをまとめておくならば、まだ良い方です。私の場合は、それさえもせずに「読み終わった」という達成感に支配されて終わっていました。

本棚は私にとって「読み終わった達成感」を誇示するだけのスペースでした。

この読書法を学んで、いかにそれが無駄なことなのかがハッキリとわかりました。

3. 型にはまらない勇気

この読書法には、ページ数をざっくり換算してみたり、見開きページから気になる単語を選んでみたり…といった直感的な行動を求められる工程があります。

ファシリテーターの方から「深く考えず直感でやってください」と言われていましたが、最初は抵抗がありました。もっと言うと実は…白紙に四角い枠を書く時にも「定規を使って綺麗に線を引きたいな~」という欲求がありました。

このような「綺麗に書かなければ…」といった自分自身の型にはまるような行動。これに時間をかけるのは本質ではないことに気付きました。

さいごに

ファシリテーターと、参加者の皆様。

貴重な時間を皆さんと共有できてよかったです。ありがとうございました。

そういえば、会場のトイレにあった…

f:id:fugu029:20171008222209j:plain:w400

こいつの風圧は凄かったですよね。
このトイレ市場?を開拓しているなんて知りませんでした。さすがダ〇ソン。

なんの話だよこれ笑