実践志向

気付きから実践が始まる詩的な日常、あるいはその生き様

朝蝉

いつもの調子で外に出る

予想していた空気とは違う
きりっとした空気が肌を刺す

暦の上ではすでに秋

この刺すような空気の中、懸命に鳴いている蝉たちは、秋をどう捉えるだろうか

もうひと踏ん張りなのか
絶対の死を前にヤケクソなのか

蝉に聞いてみたくなった

Semi