実践志向

言葉の感覚を大切に。「気付き」から「実践」が始まる詩的な日常。

歴史を繰り返してはならない

表明する必要がある。

北朝鮮のミサイルが、日本の上空を通過したという事実を前にして。ただただ漠然とした不安。将来への不安がゆっくりだけども確実に、ウイルスが感染するように、世の中に拡がっているのを感じる。

「ミサイルが落ちてくるかもしれないので気を付けて」とJアラートが教えてくれたとしても、それが緊急地震速報を聞いたときと同じ感覚なのは何故なんだろう。事が起こってからでは遅いのに、どこかでたか*1をくくっている私たち。

ミサイルは自然災害ではない。攻撃である。

気付きたくない。
信じたくない。
嘘であってほしい。

そんな心の声が世の中を蝕んでいる気がしてならない。

世の中の空気。日本人特有の空気を読む文化が、この問題に悪い影響を与えないことを切に願う。

歴史を繰り返してはならない。

Pray

*1:誤字でした。ものすごく恥ずかしい。