実践志向

言葉の感覚を大切に。「気付き」から「実践」が始まる詩的な日常。

いつも遠くから見守ってくれている母。わたしが落ち込んだり失敗したりしたときに、包み込むように気にかけてくれる母。

たっぷりと愛情を注いでもらっていたのだと、青空の下で改めて実感する。

だからこそ、これからはこの気付きを踏まえて、自分自身の心の声に素直に生きていきたい。自分の信じる道を歩んでいきたい。

素直に正直に実践している姿を、
母の心に届けたい。

心からいとおしいものに巡り会えたことを、母の心に伝えたい。

心は伝わる
想いは伝わる

一人暮らしを始めたとき
社会に飛び出したとき

人生における節目節目で「自立」してきたように錯覚していたけれども、真の「自立」とは、きっと心の声に素直に生きることなんだ。

いまこの瞬間がもたらしてくれた最上の気付き。かけがえのない気付きに感謝して。

ありがとう。

Danboard Parent Child Strobist