実践志向

言葉の感覚を大切に。「気付き」から「実践」が始まる詩的な日常。

不安な夢

また変な時間に寝てしまった
寝ていたらまた夢を見た

大切なひとが失われる
そんな不安な夢

厄介だったのは
大切なひとが一人ではなかったこと

いや、一人なのだろうか?
判断するのが難しい

なぜなら姿形はあなただけど
夢で呼んでいた名前は別のあなただったから

決断を迫られたとき
今のままではまた波乱を呼ぶだろう

波乱を避けたいのか
波乱を欲しているのか

大切なひとを明確にしたい
明確にできなければ
来世もまた繰り返すだろう

大切なひとに巡り会えて
大切なひとに恵まれる
そんな奇跡はそうそう巡ってこない

だからこそ明確にしたい

潜在意識でも
幸福地蔵でも
なんでも構わないから
導いてほしい

最終的には自分が決めることだけど
それさえも危うくなるほどの不安な夢だった

dreams