実践志向

言葉の感覚を大切に。「気付き」から「実践」が始まる詩的な日常。

なつやすみ最終日②~いまこの瞬間を整理する~

どうも。fugu029です。

本日で10日間のなつやすみが終了します。 今回は、なつやすみを終える今この瞬間を整理してみたいと思います。

1. 初心ふりかえり

なつやすみが始まる前に、私はこんな記事を書いていました。

blog.fugu029.jp

なつやすみ最終日である今日、最初に表明していた要素を振り返ってみたら、見事にすべて実現できていました!

だから、いまの私は幸せでいっぱいです。
こんなに充実したなつやすみだったのは初めてです。

たくさんの出会いに感謝。
たくさんの気づきに感謝。

2. 潜在意識をかたちに

この10日間のなつやすみでは、自己と向き合い、自己を整理し、自己に相応しい道に近づきたいと祈り、まさに自分の潜在意識に語りかけるように行動してきました。

こういう行動を取ることを、専門用語で「アファメーション」と呼ぶそうです。

そんなアファメーションの一つとして、以下のページを開設しました。

blog.fugu029.jp

このなつやすみを通して、こんなに素敵なこころの処方箋を生み出せたこと。
潜在意識に感謝します。ありがとう。

3. 気付き - 自分に相応しい道に近づく芽

先日行ってきた京都・奈良一人旅の中で、
自分に相応しい道に近づく芽となりそうな、そんな発見がありました。

キーワードは「旅」「観光」「宿泊」です。
一つひとつ整理していきます。

修学旅行、家族との旅、友人との旅、一人旅。人生のある局面で向かった旅は、すべて自分の糧となってくれた実感があります。

観光

観光という言葉にも縁が深いです。
学生時代、ある地方の観光情報サイトを改善するプロジェクトに携わっていました。

魅力的なキャッチフレーズと写真で惹きつけること
魅力的な説明文で観光意欲を掴むこと

その為には、ユーザ目線でどのようなデザインが求められるのかを必死に模索していた時期がありました。

宿泊

宿泊する旅。日帰りの旅。どちらがより満足度が高いのか。それは言わずもがな、宿泊する旅に決まっています。

宿泊客の客層をどこに絞るのか。客層の年代や属性によって、宿泊先の雰囲気や質感も変わってきます。その辺の宿泊先の違いが気になって仕方がありません。

私がよく利用する宿泊予約サイト「一休.com」には、宿泊先へのクチコミ投稿機能があります。

www.ikyu.com

私がいままでに投稿したクチコミが上記ページで見られますが、これらのクチコミ投稿を通して、未来につながる道の準備をしていた可能性があります。


この3つのキーワードに気付けたことに、まずは感謝したいです。ありがとう。
まだまだ準備段階なのかもしれないし、気づいていないだけで実はかなり進んでいるのかもしれないし、その辺の波の強弱はまだ実感がありません。

でも、これから始まって進んでいく。きっと望んだような結果になる。そんな強い確信があります。

想いをかたちに。祈りをかたちに。

言葉のパワーを信じて、fugu029はこれからも進んでいきます。それではまた。

natsuyasumi