実践志向

日々実践する感覚を大切に

ブログはじめます

はじめまして。fugu029と申します。

本日より、仏像が好きな私からみた日常を綴っていきます。

一発目の投稿は、以下二点について簡単にお伝えしてみたいと思います。

1. なぜ仏像が好きなのか?仏像を好きになったきっかけ

なぜ仏像が好きなのか。

きっかけは、東寺(教王護国寺)にある立体曼荼羅との出会いでした。

www.toji.or.jp

去年の4月頃、名古屋に住んでいる従兄妹の結婚式に招待されました。その結婚式に参加するついでで、京都を一人旅したとき、たまたま拝観したのが東寺でした。

密教*1の説く曼荼羅*2の世界観を「仏像」という形で、立体的に力強く、ときにやさしく表現した空間に衝撃を受けました。

立体曼荼羅との出会いによって、私の人生が仏像色に染まりはじめたのです。
あの日の立体曼荼羅との出会いは、人生のターニングポイントだったのかもしれません。

2. このブログを開設した理由

立体曼荼羅と出会ってから、私の中に、仏像や仏教に対する興味・関心が芽生えました。

たとえば…

仏像について知りたい
仏像は如来、菩薩、明王、天部の四種類に分けられるのか
菩薩には観音菩薩、勢至菩薩、虚空蔵菩薩、等々いろいろな種類があるのか
勢至菩薩は午年生まれの守り本尊なのか

仏教について知りたい
日本の仏教は大乗仏教というのか
近所のお寺は浄土宗のお寺だったな、浄土宗ってどんな宗派だろうか
開祖は法然上人で、幼い頃は勢至菩薩にあやかって勢至丸と呼ばれていたとかいないとか

これは、私の興味・関心のほんの一部ですが、こうして書いてみると、やばい人間に見えます笑

禅語に「少欲知足」という言葉がありますが、私はその意に反して「興味がある」「もっと知りたい」という欲を追求していったのです。

こういった欲を追求していった結果、
お寺で写経や写仏を体験したり、宿坊に泊まったり、仏像彫刻したり、ヨガを始めてみたり…

私の中には、吸収した知識を実践する志向が芽生えていました。

このブログを開設したのは、この実践志向によるものです*3

私の目線から見た仏像や仏教。
仏像や仏教に限らず、探究の過程で出会った物事全般。
たまには息抜きによもやま話。

こんな調子で、私なりの日常を伝えていければと思っています。

それではまた。

*1:宗派で言うと、真言宗と天台宗が「密教」に分類される

*2:大日如来の慈悲を表す「胎蔵界曼荼羅」と、智慧を表す「金剛界曼荼羅」

*3:実践志向の度が過ぎて、今年の大型連休は、茨城県常陸太田市の竜神大吊橋からバンジージャンプしてきました笑