実践志向

日々実践する感覚を大切に

紡ぐ

なつやすみ六日目②~既読の向こう岸へ~

既読に喜び 既読に怒り 既読に哀しみ 既読に楽しさを覚える 既読にならなければ わたしの言葉は伝わらないの 静けさの中で考える 既読への囚われ 既読への執着 既読だけが 想いを量る指標ではない 既読に惑わされるな 想いは伝わる 確実に 想いを伝えたその…

なつやすみ六日目~悪夢と確信~

悪夢を見た 自分が死ぬ夢 家族が殺しあう夢 一家心中しようとしている わたしは一人っ子だけど なぜか兄貴で かわいい弟がいて そんな弟までも この殺し合いに巻き込まれる それが我慢ならなくて 助けたい 弟だけでも助けたい その一心で お前だけでも逃げろ…

なつやすみ五日目~祈りをかたちに~

目的 使命 決意 雨降る大安 祈りをかたちに おもいをかたちに うちなる声のおもむくままに 京都、奈良の旅へ うちなる声はもうすぐそこに そんな予感が嬉しくて こころが喜んでいて そんな11時のわたし

なつやすみ四日目~感謝~

暦の上では立秋を過ぎ 吸い込む空気に秋の気配 夏が終わり 秋が訪れ 冬に至り そして再び春が芽吹く 自然は流転する。 万物も流転する。 きのうと同じ自然は無いけれど、その優しく温かな眼差しはいつだって等しくて、裏切らない。 自然に感謝。 一期一会の…

なつやすみ三日目②~生命~

ただ迷い込んでしまっただけなのに お前が嫌い お前は汚らわしい お前は近寄るなと蔑まれる ワタシは蛾。 電車の中に迷い込んでしまった蛾。 ただ迷い込んだだけなのに 向かう先には障害ばかり こっちに進めと私が促しても 反対方向へ進んでゆく 助けてあげ…

なつやすみ三日目~一期一会~

終点の停車駅。 到着を知らず、眠り続ける女子学生が目の前にひとり。 周囲の人間は見てみぬふり。私もそのひとり。 「到着したよ」と声をかけてあげるべきなのか。 それとも、そのまま見てみぬふりを決め込む選択。周囲の空気とやらに流される選択に価値が…

なつやすみ初日~声は知る~

歌う 唄う 謳う 心がゆれた 耳から聴こえた自分の声 いつもの調子だったはずなのに 録音した声を聴いてみたら ぎこちなさに満ちていた 自信の欠片も感じられない 詞をなぞるだけの時間 ただただ声を酷使した時間 声が泣いている 詞に想いが込もっていない 今…

幸せは自分の中に

地球上に生きる 全ての人間とわかりあいたい そんな夢を語った男がいた 誰もが彼を見て言った 不可能だ 無理だ 馬鹿げてる しかし彼には迷いがなかった 己が定めた価値観 己が定めた評価基準 人生に彩りをもたらすのは 自分に自信を持つことだと 信じて疑わ…

大いなる進歩

ふとしたときに 心をゆるめたそのときに 奴は必ずやってくる わたしの足を引き留めて わたしを闇に引きずり込む 奴に主導権を握られる 奴の名前は「妄想」 自信を喰らい 感性を喰らい 夢を喰らい 愛を喰らい 腹いっぱい食べたら 無言でそそくさと立ち去る 奴…

目を覚ませ

甘え。 逃げるように帰路へ着く。 あと一歩。 ほんの少しの表明が。 ほんの少しの勇気が。 プライドが邪魔をして… そんなプライドあるの? 忙しそうだし… 話しかけもせずに? やりたくない… 仕事だろ? いつだってそうだ 自分で自分を蔑む 卑下する 否定する…

感謝

文月の橋 喜び 迷い 道草 光が差し込み 視界が広がりゆく ゆく月とくる月の狭間にて ただただ感謝 ありがとう

私の好きな氷菓子

どうも。fugu029です。 今回は気分転換に、今週のお題「好きなアイス」について語ってみます。 氷菓子と出会ったのは三年前の晴れた午後。 地面がカラカラに乾いていて、生きる希望を見失いかけていたときだった。 氷菓子「すいません…」 私「えっ?なんでし…

道なき道の途中で

どうも。ここのところ詩人化してきているfugu029です。 今回は、読んで察してください。 この先にあるのは 光なのか闇なのか 現在を確かめつつ 歩んでいた気になっていた あなたを理解しつつ 歩んでいた気になっていた わたしの理解は 上澄みを軽くすくった…

いまこの瞬間に

どうも。fugu029です。 いまこの瞬間の心情を紡ぎます。 あの日の決意が 潜在意識の奥底で花開き 盲目かつ無明の日々に 別れを告げる いまこの瞬間にある 道の先は見えないけれど 自己を信じて歩んでいこう いまこの瞬間にある 生きている 歩んでいる たしか…

珈琲と角砂糖

どうも。fugu029です。 今回は、お題スロットなるものに初挑戦です。「いまの自分に必要なお題をください」と念じながら、スロットを回してみたところ、お題「コーヒー」が出ました。 それとなく、コーヒーについて語ってみます。 喫茶店で飲んだ一杯の珈琲…

特急電車の中で

どうも。fugu029です。 今回は特急電車の中から言葉を紡いでみます。 宇宙人 見えるもの 聴こえるもの 感じるもの 入ったまんまの感覚を 入ったまんま表現してる 未だ見ぬ遠き日に 見返りなんて求めません どうか今この瞬間にかがやいて それだけで幸せ その…

電車の中で

どうも。fugu029です。 はじめて電車の中から投稿します。電車の中には、他を省みない人間が散見されますね。 今回はそんな心情を言葉にしました。 罪深い 手鏡片手に女を作る ガタンゴトン ガタンゴトン ユレルユレルユレル 教えてほしい あなたが女になる…

頭の中にある言葉を並べたもの

どうも。fugu029です。 今回は、頭の中にある言葉を並べてみたいと思います。詩のような詩ではないような、無造作な言葉たちをお楽しみください。 ちなみに、精神はいたって正常ですのでご安心を笑 咲き乱れる花 赤い花はあなたのもので 黄色い花は私のもの …

「慈悲」による書く瞑想

どうも。fugu029です。 今回は、「慈悲」による書く瞑想を行います。 私が幸せでありますように 私の迷い苦しみ不安が払拭されますように 私の願い事が叶いますように あなたが幸せでありますように あなたの迷い苦しみ不安が払拭されますように あなたの願…