実践志向

気付きから実践が始まる詩的な日常、あるいはその生き様

期待とともに

期待を裏切られた

いや

そもそも
裏切られない期待なんて無い

そもそも最初から
期待なんて
してはいけなかったのだ

そもそも最初から
こうなることは決まっていたのだ

期待した瞬間に
その名に期待を込めた瞬間に
裏切られたも同然なのだ

やってくれるではないか

どうしてくれよう
ルマンドアイスよ

f:id:fugu029:20180227204224j:plain

○○○

たましいが
ゆれて
ゆれて
ゆれて

躍動するこころ
躍動するリズ厶
躍動するせかい

せかいはひろい
はじまりはおしまい

はじまりの鍵は
おしまいの響きに満たされる

声を聴くのは
あなたの○○○次第

運命は

あなたの夢
あなたの志
あなたの○○○に正直なもの

純粋なあなたは
純粋なあなたを
純粋であるがゆえに
その純粋さゆえに

Spirit

亡霊に捧ぐ

あなたに約束できること

その言葉の一つひとつを
明文化できたとしても
心の隅っこから
それらをすべて覆したい欲求が
出てくるのは何故なんだろう

素直になる

その一歩手前のところで
自分の心に鍵をかけるように
してしまうのは何故なんだろう

先入観が生み出した
視野の狭さがそうさせるのか

感謝と反省の意味を
軽視していることの表れなのか

この場を取り巻いている感覚に
言葉を与えるとするならば

逃げ
甘え
恐れ
不安
内向
控えめ
軽視

そんな言葉が思い浮かぶ

無人島をさまよう亡霊に
言葉を与えたら
出てきそうな言葉ばかりだ

だからきっと
今日の言葉は亡霊が言っているのだろう

亡霊に捧ぐ

わたしは
あなたに感謝している

わたしは
あなたに笑っていてほしい

わたしは
あなたに美しくあってほしい

わたしは
あなたの心の清らかさを知っている

わたしは
あなたの夢を応援している

Shorin-in 勝林院