実践志向

言葉の感覚を大切に。「気付き」から「実践」が始まる詩的な日常。

気付きの極みを歩む道

どうも。ふぐだいすけです。

昨夜は取り乱してしまいました。

blog.fugu029.jp

ごめんなさい。

この「ごめんなさい」は誰に対しての「ごめんなさい」なのだろうか。きっと、このブログをいつも読んでくださっている読者の方々と、自分自身と、昨夜わたしを揺さぶる事件を引き起こした女の、いずれかなんだろうな。

そんなことはどうでもいいわ。

f:id:fugu029:20171130185414j:plain:w400

今回は、きのうの事件が起こった影響で、いまの自分が向き合わなければならない問題の『本質』に気付いたので共有します。

群れている奴らが大嫌い

ひとりじゃ何にもできない癖して、集団になった途端に人格を豹変させるような人間が大嫌いです。物心ついた頃からずっと、そんな奴らの悪くて汚れた雰囲気にまみれるのが嫌で、外側から奴らを冷めた目で眺めていました。

奴らの低次な視点とは違う、より高い視点から冷静に観ることができている自分に『誇らしさ』を覚えることもあったような気がします。

ずっと、自分自身を特別視しまくってきました。こんなクソみたいな観念を27歳の今日に至るまで、ずっとクソ真面目に信じ続けてきたんですね。

みんな平等、みんな一つ

自分自身を特別視していたという現実に気が付いてみると、さっきまで嫌で嫌で仕方なかった「群れている奴ら」の見え方が変わってきました。

群れている奴らは、みんな等身大なんです。誰も自分自身を飾ることなく、ただ純粋に『いま』を楽しんでいる達人たちの集まりでした。先ほど「奴ら」と揶揄してしまったのが恐れ多いぐらいです。

極論かもしれないけれど、無意識にいま流行りのマインドフルネスを実践している、すごい集団に見えてきました。

で、何が言いたいの?

27年間ずっと縛られ続けてきた「群れている奴ら」に対する観念を取り払う必要があるということです。

もちろん、この観念を死ぬまでずっと信じきってしまう道もあるでしょう。が、もう今の観念にとらわれているだけでは、次元上昇できないというか、成長できないことが分かりました。

真逆の方向に歩み出していくのだから、大変な印象を受ける方がいるかもしれませんが…実は、真逆に見えて真逆ではないんですよ。そもそも表とか裏とか、そういう基準では語れない話なんです。

最終的な到達地点は一緒だけれども、最短距離を歩んでいくか、「歩いていればそのうち着くさ」の精神で歩んでいくか、の違いと似たような感覚があります。

ですから、『いま』この瞬間から真逆のように思える道を歩んでいきます。『いま』とか言っておきながら、もうこの記事を投稿する頃には過去なんだろうけど、そんな言葉の限界さえも超えていきたいです。

この問題を永遠に「キャストオフ」してしまいたい。


仮面ライダーカブト全ライダーキャストオフ集

それならば

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

あの時も
あの時も
あの時も

あの時だって
あの時だって
あの時だって

いつも
いつも
いつも

うしなってから
事の重大さに気がつく

素直に動かなかったから
正直に動かなかったから
直感に従わなかったから
感覚を受け入れなかったから
ありのままを認めなかったから
感覚に従わなかったから

悔やんで
悔やんで
悔やんで

こころを誤魔化して
前を向いた体で歩いてみるけども
やっぱり駄目で

そういうことばかりだった

本物の『勇気』が欲しい

バンジージャンプを飛ぶみたいな
そんな偽りの勇気はいらない

もっと
もっと
もっと

大切な局面に活きる
一歩踏み出すための勇気が欲しい

目の前の壁をぶち破らない人生なんて
つまらないし求めていない

それなのに
でも現実は

そんな糞みたいな人生を
歩もうとしている

堂々巡りはもう十分だ

きっと
関わった人に迷惑かけすぎる位が
丁度いいんだ

抑えれば抑えた分だけ
人生に望まない兆しが生じてくる

それならば

Getting Shot

機微

ふと目についた
頭の中から離れない情景や言葉

これを人生における『機微』と呼ぶならば

それらは
時空を超えて問いかけている

「自分」という不確かな認識を
遥かに超えた次元から問いかけている

あなたがこの文字を目にした瞬間の
『機微』に目を向けよ

時の流れと同居する
『機微』を感じよ

You fill up my senses